読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西山・ムズミのブログ

西山氏がものを作り、ムズミが突っ込む。

新聞紙粘土を作ろう!

f:id:nggnf016:20170323115108j:plain

バケツに水を入れ、新聞紙を小さく千切った物を、大量に作る場合、ドリルの先に、塗料を撹拌する、ミキサーを付けて繊維状になった状態です!

 

私の場合、大量の粘土を水を切るため、土嚢袋にペーストを入れ、手で絞ったり、踏んで水を切ります。

f:id:nggnf016:20170323115126j:plain

水を切った状態です。ぼそぼそになるのですね。この時に手でほぐします。

 

手でほぐした状態に、木工用ボンドを多めに入れます。ホームセンターなどで、3キロ、500円で売ってます。

 

f:id:nggnf016:20170323115121j:plain

 

出来上がりはこんな感じです。ダイソーで大きなタッパーが買えますので、保管用として、ひと月位、固まらず保管出来ますよ!

f:id:nggnf016:20170323115131j:plain

 

ムズミ「(発酵食品作ってるみたいだ・・・)」

 

 

次回(こそ)、塗装編です!!

 

これが本職のジオラマだ 脅威のリアリティに驚嘆

ジオラマの制作の過程をお知らせします!

【完成時】

f:id:nggnf016:20170320143755j:plain

f:id:nggnf016:20170320143806j:plain

                                   

木のベースに、岩山の高さを増す為に、発泡スチロールを重ね、ベース全体に新聞紙粘土を塗って仕上げます。大まかな形が出来れば、岩山の形にパークを重ねて行きます。

f:id:nggnf016:20170320143832j:plain

・新聞紙粘土とは・・。

小さく千切った新聞紙をバケツに水を入れます。

バケツの新聞紙を繊維状に戻すために、手でよく揉みほぐします。

ペースト状になった物を、水を絞り、そこに木工品ボンドを加え、粘土状に仕上げます。

そして、完全となります。

 

パークとは・・。

土壌改良材で、ホームセンターなどで、販売しております。樹木のかわの事です。

 

全体に木工品ボンドを塗って、全体を固定します。

f:id:nggnf016:20170320144423j:plain

木工品ボンドが乾いたら、砂や小さな砂利を混ぜた物を、筆で必要な場所に置いて行きます。

f:id:nggnf016:20170320144519j:plain

全体に黒を塗って、彩色して行きましょう!

 

                                     

 

ムズミ「(やべぇこれすっげぇリアル)これってどこかの風景を参考に?」

西山「参考・・・はないね。全部イメージ。」

ムズミ「へ~。
パークって樹皮なんですよね。それを積み重ねて岩にしてると。
平べったいのを積み重ねてる感じですかね?」

西山「いや、いろんな形があるよ。自然だから。」

ムズミ「そもそもパークってなにに使うものなんですか?」

西山「えーっと、肥料だよ。」

ムズミ「…は?」

西山「肥料。」

ムズミ「え、何で肥料をジオラマに使おうと思ったんです?」

西山「あの形がいいからさ。なんでも使うよ。」

ムズミ「はーーーーーー

ほんとよく肥料とか使おうという発想に至りますよね…。

完成品の緑の部分はなんです?」

f:id:nggnf016:20170320152415p:plain

西山「ああこれは、スポンジ。」

ムズミ「スポンジ。」

西山「台所のスポンジを緑色に染めて乾燥させて、そうやってんのよ。」

ムズミ「んへ~!

なんか緑単色じゃなくてちょっと黄色とか混じってますけど、それも・・・」

西山「うん、だからそれも、塗り分けてるんだよ。」

ムズミ「おいちゃんの彩色ってほんと細かい(ドン引き)

塗る時ってどんな感じで塗っていくんですか~?」

西山「最初に黒を塗って、光の当たる方向から明るい色を塗っていくんよー。

そうすると自然な感じに見える。」

ムズミ「うーん、イメージできにゃい…」

西山「塗り方ってのは難しいのよ。

説明しようと思ったら長くなるから、またこの次ねって感じだね。」

 

この次は塗り方を説明してもらいましょう!!乞うご期待!!

西山「自分もさ、一回作ってみない?」

ムズミ「え?」

 

【塗ってみた】元祖仮面ライダー? HOPPER and PUSHER HOPPER

f:id:nggnf016:20170312133536j:plain

こんにちは!
西山です!はじめまして!

此処で紹介する作品は、私が過去に作りました。

興味が有りましたら、ゆっくり見て下さいね。

f:id:nggnf016:20170312133540j:plain

私が敬愛して止まない、竹谷隆之氏の作品です。
【HOPPER and PUSHER HOPPER   フューチャーモデルズ製】

このホッパーは、静脈注射で変身する、初期の設定に基づいた姿をしています。

f:id:nggnf016:20170312133541j:plain

f:id:nggnf016:20170312133543j:plain

彼は、変身する度、注射を繰り返し、薬物中毒になってしまいました。

f:id:nggnf016:20170312133546j:plain

f:id:nggnf016:20170312133548j:plain

注射の効果は、右側頭部より始まり、全身に拡がり、やがて左側の手足にまで至り、変身を完了するのです。

f:id:nggnf016:20170312133626j:plain

f:id:nggnf016:20170312133629j:plain

f:id:nggnf016:20170312133648j:plain

f:id:nggnf016:20170312133652j:plain

 足元に転がる者は、無残な姿をさらす薬の売人でしょうか。

薬が切れかけたせいで、斬殺されたのでしょう。

 

竹谷隆之氏の造形の世界、ご理解頂けたら、うれしいです!

                   

ムズミ「おいちゃん、この緑のキャラはどういうやつなんですか?」

f:id:nggnf016:20170312133541j:plain

西山「麻薬を注射して変身するキャラだよ。仮面ライダーの原点。」

ムズミ「ええええええ麻薬!?衝撃的すぎる!!今じゃ考えられない設定ですよ。
えーっとHOPPERというのは?」

西山「立ってるのがHOPPER。倒れてるのがPUSHER HOPPER。
二人とも同じ組織の改造人間で、HOPPERが組織を裏切ったのさ。」

ムズミ「へぇ~(今の仮面ライダーも知らないけど、こんな話なのかなぁ)
それと気になったんですけど、背中の茶色はひょっとして…羽?」

f:id:nggnf016:20170312133548j:plain

西山「そうそう羽羽羽!よく気づいたね!」

ムズミ「これも想像して塗ったんですか?」

西山「そう。全部僕のイメージで。」

ムズミ「うは… そういうのを聞くと、細部のグラデーションとかいろいろ考えて塗ってるんだなぁって気づかされます。
そういえば色塗る前はどんな感じだったんですか?」

西山「こんな感じ」

f:id:nggnf016:20170312141633p:plain
【転載元URL:http://blackbookalpha.livejournal.com/163584.html

ムズミ「色がない!!」

西山「ドリルで穴開けて真鍮線を通して接合するんだよ。」

ムズミ「今のプラモデルと全然違う!!めんどくさっ!!」

 

次回も西山氏の作品をお送り致します!!